教員免許を通信教育で取りたい方へ

教員の資格を通信教育で取得する方法

通信教育で教員免許を取りたい方のためのサイト

教育学部の学生であれば、教員免許は比較的容易に取得可能です。 しかし、社会人の方が教員免許を取るためには、大学に再入学して指定単位を取る必要がありますが、実際に授業に通うことは仕事との両立を考えるとほぼ不可能です。 そこでおすすめなのが通信教育で免許を取得する方法です。

通信教育で教員免許を取るメリットとは?

教員になりたいとお考えの方は若い方からご年配の方まで、多くいらっしゃいます。
ご存知のとおり、教員になるには、教員免許を取得することが必要です。
公立であれば各地の教育委員会が行っている教員採用試験、私立であればその学校を運営している学校法人が行っている採用試験に合格後、教員として採用されるという流れになります。
「教員」と聞くと、大学の教育学部に通っていた学生がなるイメージがありますね。
しかし、そのような方しか教員になれないわけではありません。
社会人になっても教員になることは可能です。
ただ、そこでネックとなるのが「仕事との両立」です。
働きながら免許を取得するためには、それ相応の時間と労力が必要です。
正社員で働いている方が大学に通学しながら取得を目指すというのは、事実上不可能でしょう。
また、費用も高額ですから支払いが難しいという方もいらっしゃるかもしれません。
そのような方に特におすすめしたいのが、通信教育です。
通信教育であれば自宅で好きな時間に受講することが出来ます。
また、通信教育は最長6年~8年在籍することが出来ますから、時間をかけてじっくり取り組むことが可能です。
さらに、費用も比較的リーズナブルな点も魅力です。
では、実際に通信教育で教員免許を取るにはどうすればよいのでしょうか?
通信教育のメリット、年齢制限、取得方法などについて詳しくご紹介します。
「学校の先生になりたい!」という夢を、通信教育でかなえてみませんか?

教員免許は何歳までに取るべきか?

社会人になってから教員に転職したいと考える方は少なくありません。 教員になりたい理由は人それぞれですが、皆さん教育に対して熱い思いを持っておられます。 しかし、無事に教員免許が取れても実際に学校に勤務する際には、年齢がネックとなるのも事実です。 教員免許は何歳ぐらいまでに取っておくのが良いのでしょうか?

免許取得の流れとは?

通信教育で教員免許を取ると言っても、その方法が分からないという方も多いかもしれません。 職場の同僚や上司には聞きづらい雰囲気がありますし、周囲に経験者がいれば好都合ですが、そのようなケースはごく稀でしょう。 そこで、免許を取得するまでと取得後の一連の流れについて詳しくご説明します。

Topへ戻る