通信教育で教員免許を取りたい方のためのサイト

教員免許を通信教育で取るメリット

忙しい社会人の方が何かの資格を取りたいと考えた場合、まず頭に浮かぶのが通信教育でしょう。
一昔前は通信教育というと英会話やペン字など一部のものに限られていました。
そして、資格が取れるものというのはごく僅かでした。
しかし、今や通信教育で取れない資格はないと言われるほど、その種類は多彩になってきています。
専門学校に通うよりも受講費が安いものも多く、期間も比較的短いのが特徴です。
また、受講時間が自分で決められるのも利点の一つ。
残業で遅くなっても深夜、家でゆっくりと学習できますから、ワーキングタイムが不規則な方でも気軽に受講できます。
ただ、普通の資格と異なり、大学が行っている通信教育を受講する点です。
教員資格取得のための通信教育を扱っている大学は全国各地にあります。


費用はいくらぐらい?

教員免許の資格取得のために最低必要な学費は、大学や免許の種類によって様々ですが、2年間で30万~80万円ほどです。
四年制大学を卒業して教員免許を取得する際は、通信大学の3年生からスタートすることになるため、2年間の学習が必要とされています。
編入費を徴収する大学もありますが、その費用はおよそ1万円~5万円と幅があります。
入学金はおよそ3万円前後から6万円近くとこちらもバラバラですが、実際に入学するよりも格安であることは間違いありません。
また、授業料は1単位でいくらという扱いになり、テキスト代が含まれる大学とそうでない大学がありますが、1単位およそ5000円~となっています。
必修科目はスクーリングと言って、実際に大学に通って単位を取る必要があります。




この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る